2020年度 研究室見学について

4月6日 10:00 更新 2020年度の京都大学工学部情報学科数理工学コースの学生に向けた研究室見学を,下記の通り実施します.※状況によって変更の可能性もあります. 新型コロナウイルス感染拡大防止のため,各参加者はそれ…

Read More

局所平衡から逸脱した流体の振る舞いをメゾスコピックな立場から研究しています.
We are investigating the fluid behavior out of equilibrium from the mesoscopic view point.

 

主な研究活動

  • メゾとマクロのつながり
    メゾスケールの情報からどのようにマクロな力学的・熱力学的振る舞いが決定されるのか,逆にマクロスケールの情報がどのようにメゾスケールの現象に影響をおよぼすのかを調べています.
  • 非平衡流体力学の構築
    上とも関連しますがメゾとマクロのつながりを理解することで,従来の連続体理論の範疇を超える新しい巨視的流体力学の構築を行っています.
  • 非平衡流体場における粒子系の力学・熱力学性質
    流体と相互作用する粒子系の力学的・熱力学的性質を,素過程を含めて調べています.理論的研究に加えて実験的研究もおこなっています.