概要
当研究室では,気体の流れを中心に,非平衡性が顕在化する状況で流体の振る舞いを調べるとともに,非平衡流体を記述する流体力学的な理論を構築することを目指して研究を行っています.


巨視的変数を未知変数とする従来の流体力学は,流体の状態が場の至るところで局所平衡状態に十分近いことを前提としています.通常の気体の場合,これは,対象となる現象の時空間スケールが,気体分子の平均自由時間や平均自由行程より十分大きいことを意味します.逆に,その条件が満足されない空間領域や時間帯がある場合,流体の状態は局所的に非平衡となり,従来の流体力学では予測できない非平衡流体特有の現象が発現する可能性があります.私達の研究室では,気体分子運動論やこれに類する理論に基づき,非平衡流体現象を明らかにするとともに,非平衡流体現象を記述する流体力学的な理論的枠組みを構築しようとしています.

適用先

  • マイクロスケールの微小系流体/低圧気体
  • 温度場を利用した流れおよびその応用
  • クヌーセンポンプ
  • エアロゾル